eドライバー保険

レンタカー、友人の車、自転車での事故を補償!
※同居の親族の所有する車は対象外です。

お見積り・ご契約はこちら

こんな時にドライバー保険!


 

マイカーを持っているかいないかに関わらず、旅行やゴルフ、ドライブなどで、友人や恋人、上司などの車を運転することってありますよね。でも、そん な時に、ふと「もし事故を起こしてしまったら?」と考えたことはありませんか?安心してドライブを楽しむためにも、他人の車を運転する際の注意点を知って、事前に賢く対処しておきたいですね。

自分が運転しても自動車保険で補償されるかどうか確認しよう

自動車事故については、通常、自動車保険があるから、何かあっても大丈夫だろうと思う人も多いと思います。

し かし、自動車保険といっても、その内容や範囲も様々。最近は、保険料をできるだけ安くするために、補償の対象となる運転者について「家族限定」や「○○歳 以上補償」という条件をつけているケースも多く見られ、あなたが運転する車に付いている自動車保険もまさにそうしたタイプかもしれません。

もし、補償の対象となる運転者の年齢や範囲から外れてしまうと、運転中に事故に遭っても自賠責保険以外からは補償されないので、注意が必要です。 そのため、まずは、あなたが運転する車に付いている自動車保険の補償内容を確認することが大切といえます。

しかし、実際には、車を出してくれる友人や上司に対して、加入している自動車保険の内容までなかなか聞きづらいですよね。ましてや「補償がないから運転しない」などと言うのも、人間関係を維持するためには言いにくいことでしょう。

自動車保険の補償の対象になっても、実際に請求できる?

仮 に運良く、知人が加入している自動車保険の内容を確認してくれて、運転者の範囲も幅広く、補償の対象であることがわかったとしましょう。しかし、実際に保険を使うと、一般的に翌年度から等級が下がり、保険料が高くなってしまうという問題点があげら れます。

ただでさえ事故になれば迷惑をかけてしまう上に、今後の保険料負担についてまで、知人に更なる迷惑をかけてしまうのに耐えられるでしょうか?

やはり、他人が保険料を負担して契約している保険に頼るのではなく、自分自身で責任を取れる準備をしたほうが気楽といえるでしょう。ただ、自動車事故は損害賠償金が億単位になる場合もあり、貯蓄のみで対処するのは限界があります。

自分で「ドライバー保険」を活用しよう!

マ イカーを持たない人や、家族所有などで自動車保険の見直しがやりにくい場合、他人の車を運転する際のリスク対策には「ドライバー保険」が使えます。「ドラ イバー保険」は、車を貸してくれる知人などが加入している自動車保険に関係なく、自分が手続きすることで自動車事故に関する補償を確保することができま す。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

お見積りに必要なモノはこれだけ! 保険証券+免許証

お見積り・ご契約はこちら ドライバー保険

借用自動車の定義

記名被保険者がその使用について正当な権利を有する者の承諾を得て
使用または管理中の自動車であって、かつ、その用途および車種が下記のいずれかあるものをいいます。

● 自家用普通乗用車
● 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
● 自家用普通貨物車(最大積載量0.5超2トン以下)
● 特種用途自動車(キャンピング車)
● 自家用小型乗用車
● 自家用小型貨物車
● 二輪自動車
● 自家用軽四輪乗用車
● 自家用軽四輪貨物車
● 原動機付自転車

ただし、記名被保険者、その配偶者または記名被保険者の同居の親族が
所有する自動車および記名被保険者が役員となっている法人の所有する自動車を除きます。

ご家族の方が自動車を所有している場合は、その自動車保険(他車運転危険補償特約等)によって、
あなたの借用自動車運転中の事故が補償される場合があります。詳しくはご契約内容をご確認ください。