三井ダイレクト損保のバイク保険

三井ダイレクト損保のバイク保険のお見積り・ご契約

最大で3,500円割引!お見積り・ご契約はこちら

お見積りに必要なモノはこれだけ! 保険証券+車検証+免許証

お見積り・ご契約はこちら 最大で3,500円割引!

バイク保険の特徴とご加入時の注意点

バイク(原付を含む二輪車全般)を対象とする保険です。補償内容は基本的に自動車保険と同じですので具体的には触れませんが、一般的に車両の保険は付きません。 二輪車特有の視点から、バイク保険の必要性について考えてみましょう。

自賠責保険の補償だけでは足りません!

下記の図をご覧ください。赤く塗りつぶされている部分が自賠責保険の補償範囲です。図からもわかるとおり、自賠責保険の補償は、「他人の生命・身体への賠償」のみ、しかもその上限金額は「被害者1人につき、死亡で3000万円・重い後遺障害で4000万円まで」と、十分なものではありません。任意加入のバイク保険でしっかりそなえておきましょう!

バイク自賠責保険

自分自身・同乗者のための備え

二輪車の事故はほとんどが転倒を伴いますので、多くの場合自分もケガを負います。たとえ被害者であっても、自分にも一定割合の事故の責任(過失)がある場合は、その分は相手側(加害者)から賠償金を受け取ることはできません。バイク保険(任意保険)でしっかり備えておく必要があります。

高額の賠償が必要となるケース1

二輪車の事故は、四輪車と比べると損害の程度が軽いと思われがちですが、決してそのようなことはありません。相手が歩行者で、しかも転倒させてしまったような場合は、重大なケガや死亡につながるケースさえあります。自賠責保険の「被害者1人につき、死亡で3000万円・重い後遺障害で4000万円まで」ではカバーしきれない高額賠償のケースもありますので、対人賠償は「無制限」で保険に加入しておくと安心です。

高額の賠償が必要となるケース2

また、四輪車に比べて大きさや重さは小さいので、自動車やガードレールなど「物」に衝突したときに与えるダメージは小さいかもしれませんが、例えば高級車に追突したような場合は、高額の賠償が必要となるケースもみられます。 対物賠償は自賠責保険ではカバーできませんので、きちんとバイク保険(任意保険)に加入して備えておく事が必要です、

お見積りに必要なモノはこれだけ! 保険証券+車検証+免許証

お見積り・ご契約はこちら 最大で3,500円割引!